CSR・環境への取り組み
高い倫理観に基づく企業活動

学生生物学科核心素养

キリングループではコンプライアンスを「法的責任と社会が求める倫理的な責任を果たすこと。それにより、予期せぬ損失や信用の失墜を防止し、ステークホルダーのキリングループに対する信頼を維持向上させること」と定義しています。協和ファーマケミカルはコンプライアンスを企業活動の基盤として位置づけ、法令、社内外の諸規則・ルールおよび社会規範を遵守するための組織体制・ルールを整備しています。そして、コンプライアンス意識の調査を通じた課題の把握と改善によりコンプライアンスを推進しています。

生物学科中期课题

生物学科素养在教学设计

協和ファーマケミカルは、世界の人々の健康と豊かさに貢献するグループ企業の一員として、一般社団法人 日本臨床検査薬協会が定めた「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」の理念を踏まえ、「企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針」を策定いたしました。

協和ファーマケミカルは、社会からの高い信頼を得ることを目的とし、医療機関・医療関係者に対して行った支払いにつきまして情報を公開することに致しました。 医療機関・医療関係者の皆様におかれましては、本主旨につきましてご理解を賜りご協力をいただけますようお願い申し上げます。


指針にもとづき、以下のサイトで医療機関等へ提供した資金の情報を公開しています。
透明性指針に基づく情報公開について(外部ウェブサイトに移動します)